ブログアフィは案件が低単価だと成果がでにくい理由

ブログアフィリエイトの単価は、皆さんが思っている以上にかなり大切です。
低単価のアフィリエイト案件を紹介している人は要注意です。
今回は、「低単価だと成果が出にくい理由」を解説します。

まず、これは計算が出来れば簡単にわかります。
「成約率」が1%だとしたら、一つ100円の単価の商品と一つ5000円の単価の商品とではいくらの差が出るでしょうか?
50倍もの差がでます。
つまり、アクセスが月に1万あるとしたら、1万円と50万円の差があるというわけなのです。

これは、かなり大きな差ですよね。
これが1万アクセスならまだ良いのですが、10万アクセスにもなれば、10万円と500万円という差になっています。

なので、ブログは「アクセス」だけが全てではないのです。
仮にアクセス数が多かったとしても、低単価な案件を取り扱っているようでは、売れても中々収益にはなりません。
一方で、高単価な案件を売っているのであれば、アクセスが低くても高収入になる事は可能です。

他にも低単価だと成果がでにくい理由というのは存在します。
いくつか解説していきますね。

まず、「モチベーションが保ちにくい」という理由です。
アクセスが高くても、収入があまり伸びないとどうなるでしょうか・
だんだんとブログに対するモチベーションが下がってきますよね。当然です。
頑張ってブログ記事を書いて、やっとSEOが伸びてきたと思い、アクセスが伸びてきたと思っても、収入が予想以上に低いのですから、モチベーションが一気に下がります。

他にも、「好きな事に特化しすぎ」という特徴が挙げられます。
これはどういう事かと言うと、
低単価案件をそれでも扱っている人は、「その事が好き」なのだと思います。
もちろん、好きな事に特化をしてアフィリエイトをやる事は決して悪い事ではありません。

ですが、このような人に傾向としてあるのは、あまりにも好きな事に特化している場合です。

アフィリエイトの本質は「売る事」です。売らなければ意味がありません。
自分が読者の事を考えずに、好き放題に記事を書いていたとしても、読者はブログから離れていきますし、商品が成約される事もありません。

好きな事を利用してブログを書く事自体は構いませんが、好きがあまりにも行き過ぎるという傾向が、低単価案件を扱っている人にはありがちです。

今回は、「ブログアフィでの案件が低単価だと成果が出にくい理由」について解説しました。
この記事が参考になれば幸いです。